40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に配属された雑誌『健康』のK編集長の言葉だ。

仕事の効率の向上、新しいチャンスの開拓、体調の管理……。社会人にとって大切なことはすべて、これが基本だと今、感じている。「太陽とともに生きる」とはどういうことか。新入社員当時のエピソードから紹介したい。

 

深夜帰宅が当たり前の風潮の中

入社したのは1995年。当時の出版社含むマスコミ業界は、午後から出社して深夜まで働いたり、徹夜したりといったことがなんとなく当たり前なムードだった。「2時間しか寝てない」「3日間帰れなかった」など、寝てない自慢大会が日常茶飯事。

それはわが社も御多分に漏れず、先輩方は午後から出社し、24時を過ぎて仕事している人も少なくなかった。当時は残業をした分の時間を振り替えて、出社を遅くしてもよいという制度もあった。

しかし、K編集長は私にこう言った。

「どんなに遅くなっても夜は22時までに帰りなさい。もし、前日遅くまで仕事をしたとしても翌朝は10時半までには出社しなさい」

世間的には10時半でもかなり遅いのだが(苦笑)、わが社は9時半が始業の定時。つまりK編集長いわく、1時間は出社を遅くしてもいいがそれ以上はダメというわけだ。そのときたぶん、私が少し不満そうな顔をしていたのだろう。K編集長はこう続けた。

「太陽とともに生きなさい。太陽が昇ったら起床して仕事を始める。そして太陽が沈んだら仕事を終えて自分の時間に使いなさい。遊びに行ったり、人と会ったり、体を休めたりするのは大事です。貴重な青春の時間をムダにしてはいけません。太陽に逆らわないサイクルで仕事をするには、どんなに遅くても10時半の出社、22時の退出が最大なんです」

「はい、わかりました!」

新人だった私は、素直にK編集長に言葉に頷き、その教えを守っていた。

 

先輩は午前中に出社してないじゃん……

でも、ちょっと心の中では思っていた。10時半に来てない人、いっぱいいるじゃん、と。

同じ部署にいた20代後半や30代の先輩は、会議やアポイントなどがないときは昼過ぎに出社しているのを見かけていた。取材を終えてから帰社したために午後だった日もあるだろうが、取材は毎日ではない。でもK編集長は注意している風はみられなかった。

 

K編集長の新人教育の方針は、最初から共同担当でなく、独り立ち。仕事量も少しずつ増やすタイプではなくて、新人だろうが中堅だろうがベテランだろうが、関係なく同程度だった(もちろん、質的には違うけれど)。

いきなり仕事量が増えたが処理能力は遅く、太陽が沈んでもまったく仕事は終わらない。残業が増え、帰宅時間が24時をまわることは日常茶飯事になっていった。配属されて3カ月くらいでK編集長から言われた「夜は22時までに帰りなさい」はあっさり破ることになった。

 

ついに出社時刻に遅れるときが

それでも出社時刻だけは守ろうと、退出が深夜1時、2時になろうとも、翌朝は10時半にはなんとか出社していた。しかし、配属されて半年くらい経ったある日、連日連夜の深夜勤務による睡眠不足、疲労がたまっていたせいで二度寝をしてしまった。起床したのが9時半過ぎ。大慌てで身支度をして出社したものの、時計は10時35分になっていた。

出社した私を待ち構えていたのは、K編集長からの貼り紙。「落ち着いたら声かけてください」とあった。

「たった5分じゃん……」心の中で、そうつぶやいていた。

 

なぜ、太陽とともに生きるべきか

カバンを置いてすぐK編集長のもとへ行くと、別室に呼ばれた。そして叱るのではなく、なぜ「太陽とともに生きない」ことが……遅く出社することがよくないのかという話を説かれた。

□生活サイクルの乱れは仕事の乱れに通じる

□時間に区切りをつけないと人はラクに流れる

□Time is money である

□ちゃんと休養を取らないと体調が悪くなる

□貴重な青春の時間を奪われる

「今後、気を付けます」と言って反省し、翌日からはまた早めの出社を心がける。しかし新人ゆえに仕事も遅く、やはり深夜勤務が続いた。深夜2時、3時の帰宅もあれば、ひどいときは朝6時の帰宅。それでも10時半の出社は死守していた。

けれど、他の編集部に配属された同期はそんなことを言われている風はまったくなく、午後に出社してタクシーで帰宅する話を聞いていた。同じ部署の先輩方も相変わらず昼過ぎに出社する人がいて、でも何も注意されていない様子。

とはいえ、私が昼過ぎに出社したらきっと注意されるだろう。なので出社時刻に関してはなんとか守っていた(退出時刻は守れていなかったが)。守りながらも「出版社なんだから朝は遅くていいじゃん……」と心のどこかで思っていた。

 

異動して、太陽とともに生きなくなった

その後、異動によっていくつかの編集部、何人もの上司の下で働いたが、「太陽とともに生きている」人は誰もいなかった。ゆえに、次第に私も太陽とともに生きなくなった。

アポイントがあるときは別だが、

起床するのは8~9時、12時くらいに出社して深夜まで働いて、寝るのは深夜の3~4時という生活サイクルが標準になった。太陽とともに生きるのではなく、むしろ太陽に逆らって生きていた。

 

40代になってわかったこと

しかし、40代になって改めてK編集長の教え「太陽とともに生きる」を改めて守るようにした。もちろん仕事やほかの理由で、できていない日もあるが、なるべく心がけている。

朝は太陽が出たころには起き、仕事をする。

太陽が沈んだら仕事を終わりに……とまではいかないが、深夜までは働かないようにした。のっぴきならないとき以外は。

もしくは、太陽が沈んだらひとまず会社は退出する。終わっていない仕事は、帰宅して自宅で作業をすることもある。落ち着くからか他人がいないからか、ある意味、会社で作業するよりもはかどったりもする。在宅勤務は認められていないうんぬんという話はおいといて、仕事内容によっては作業効率が格段にいい。

 

太陽とともに生きて良かった5つのこと

太陽とともに生きるように心がけてからよかったことが5つある。

1.朝がスッキリ起きられる

2.体調、肌の調子がいい

3.体重が落ちてほぼキープできている

4.作業効率が良くなった(気がする)

5.交際範囲が広がり、新し仕事につながった

中でも特筆すべきは2と3で、30代より40代の今のほうがコンディションがいい。健康になったと思う。加齢による経年劣化はあるものの。そして深夜残業による「貴重な青春の時間(←もう青春じゃないけど)が奪われなくなった」ために、むしろ交際範囲が広がり、そこで知り合った方々とまた新しい仕事につながっていくという好循環もでてきた。

 

生活リズムを変えれば人生が変わる

「働き方改革」についてさまざまな議論がされている今、改めて「太陽とともに生きなさい」という新入社員時代のK編集長の教えが、たとえマスコミ・出版という深夜も働いて当たり前の業界にも大切なのではないかと強く感じている。

「太陽とともに生きる≒時間の使い方を太陽のリズムに合わせる」。K編集長の部下から離れて一度はそれに反する働きかたをしていたが、めぐりめぐって、新入社員の頃の教え・原点に戻った。

体調を崩しやすい、疲れが取れない、太った、新しい出会いがない……。そんな悩みも生活リズムを「太陽とともに生きること」にすることで、解消してくれるのではないか。40代になって改めて、新入社員時代の上司の教えはやっぱり正しかったのだと噛みしめている。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事