【40代編集部長の婚活記#244】どういうつもり? 自分のコトを話さない彼の事情

そういえば、彼との会話って

キャット「そうなんですよ。僕もこっちに住んでから釣りをするようになって。新鮮な魚をすぐ食べられるってホントいいですよ」

そういえばITさんが言っていた。キャットさんとその息子さんと釣りに行ったという話を。

アサミ「そういえばITさんと一緒に釣りに行かれたって聞きました」

キャット「そうそう。彼、僕よりもずっと前から釣りをやってて。いろいろ教えてもらったんですよ」

ふと思った。キャットさんとの会話は楽しいけれど、あまりパーソナルな話はしていない。猫や仕事の話ばかり。そろそろちょっと、踏み込んでみよう。彼はどういうつもりで私と連絡を取っているのか?

 

ちょっと踏み込んでみる

アサミ「お二人で釣りに行ったんですか?」

あえて聞いてみた。以前にITさんから、息子さんと3人で行ったことは聞いている。いままでキャットさんとの会話で、家族の話は出たことがなかった。何か事情があるかわからないけど、あまり自分のことを話さない。

バツイチだとか、息子がいるとか、婚活に興味ある(?)みたいな話もすべてITさんからの情報だった。

ちょっとハッとした表情のキャットさん。何かに気づいた感じ? そして、一度目を伏せたあと、落ち着いた表情に戻った。

キャット「僕の息子と3人です。僕、離婚していて、一緒には住んでいないんですけどまだ小学生なので。まだ父親と遊びたい年頃なので」

キャットさんは自分のパーソナルなこと、家族のことを、初めて語りだしたのだった──。

 

運命の人と出会うには!?

運命の人は勝手にやってきません。自分で見つけるもの……。出会うためには何をしたらいいか? その紆余曲折を綴った【40代編集長の婚活記】が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

 『恋ができない40代が運命の人をみつける17の方法 LOVE RULES 』 

恋愛に不器用な40代独女が婚活でたどり着いた結論とは⁉ 運命の人をみつけたい人、必見です!!!

 

【次回はコチラ】【40代編集部長の婚活記#245】婚活で相手に「聞きにくいこと」を質問するには?

【前回はコチラ】【40代編集長の婚活記#243】なんと最終回!?  まさかの急展開にとまどう40代独女

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ】

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク