【40代編集部長の婚活記#281】40代独身、彼と過ごした20カ月でわかったこと

2021.12.22 LOVE

40代の婚活は、出会いもあれば別れもある。婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は数年前に遡って、ジェントルさんとの復縁編。復縁したけれど、「お友達」に戻り、その間に彼は転職で海外へ……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代編集部長の婚活記#281】

 

「僕のことは、忘れて」

どうやって彼の家を後にし、どんな気持ちで家に帰ったのか記憶がない。

たぶん、泣き疲れて気絶するように眠り、朝を迎えたのだと思う。泣きすぎたから目がパンパンに腫れて奥二重が二重になっている。こんなに泣いたのは……前に彼と別れたとき以来かな。

今日、彼は台湾へ旅立つ。

仕事も生活の拠点も日本から離れてしまう。もう簡単に会うことはできない。いや、たぶんもう会うことすらないのだと思う。

「僕のことは、忘れて」。

彼の言葉が脳裏に焼き付いて離れなかった。忘れてなんて言われたって、忘れられるわけないじゃない……。

 

そろそろフライトの時間

夕方になって、空を見上げた。

ジェントルさんが搭乗する予定の飛行機は、そろそろ離陸した頃だろうか。空を見上げながら、彼との出会いから今日までの日々を思い出していた。

「こんにちは。OTONA SALONE、いつも拝見させていただいております。とても楽しい企画ですね! 東京女性の小宇宙カルチャーの先端です」

彼と私の物語は、この一通のメールから始まった。

メッセージを交換すること1カ月、デートを重ねて4カ月、恋人同士になって3カ月で別れ、別離期間の2カ月を経て、復縁して8カ月交際、友達に戻って2カ月で彼が台湾に拠点を移すことになる。約20カ月におよんだ二人の関係は、これで幕を閉じた。

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク