下腹-7.3cm、-17cmやせた人が続出!話題の「股関節ほぐし」とは? 

「どんなダイエットをやっても、ぽっこり下腹だけがやせない!」特に40代からはそんなお悩みをお持ちの方が少なくないと思います。オトナサローネ編集長・アサミも、もちろんその一人。手の甲や足の甲、首などの脂肪は減って筋っぽくなるのに、お腹まわりだけはどんどん厚みが出て太ましくなるんですよね。

 

ぽっこり下腹は「股関節の硬さ」が原因!?

最近、知りました。ぽっこりお腹がやせない理由は「股関節の硬さ」にある可能性が高いのだとか!? 股関節は上半身と下半身をつなぐ部分。ここが硬くなっていることで筋肉の使い方に偏りが出て、ものすごく使う筋肉と、全然使っていない筋肉ができてしまう。お腹まわりは使わないほうの筋肉ってことですよね……。

だからこそ「股関節ほぐし」で柔らかくなると使う筋肉の偏りがなくなり、その結果、自然と下腹もペタ腹になっていくのだとか。

 

 

股関節ほぐし、Amazonランキング1位!

とにかくお腹やせにスゴイと話題の「股関節ほぐし」をまとめた一冊『寝たままペタ腹! 股関節ほぐし』が発売されました。早くもAmazon売れ筋ランキングで1位を獲得しています。これは期待しかありません!

 

 

股関節ほぐしでお腹周り-7.3cm!

では「股関節ほぐし」でぽっこりお腹がペタ腹になった方の声をみてみましょう。F.Bさんのお話です。

『以前の私は、学生時代にスポーツで痛めた左足首の古傷と、4人の子どもを出産した後、体形が戻らないことに悩んでいました。特に足首の痛みは深刻。パーソナルトレーニングのほか、整形外科、整体院、鍼灸院で治療を続けましたが、根本からよくなることはなく、「今、治しておかないと将来、歩けなくなるかも!?」と危機感を覚えたほどです。そんなとき、Naoko 先生のサロンを見つけて通うように。

教えていただいた「股関節ほぐし」を続けると、半年間で姿勢や体形がよくなり、足首の状態も日常生活を問題なく送れるまでになりました。

今では体のゆがみやその原因、自分でできる対処方法を知り、安心して生活できます。また、やせて自分に自信がつき、ファッションを楽しめるようになりました。
これからは加齢とともに、体の機能は低下していくばかりです。でも、Naoko 先生から教えていただいた「股関節ほぐし」を続けて、ベストと思える今の体の状態をキープしていきたいと思います』

 

ウエスト-17cm、体重-8kg!

もう一人の「股関節ほぐし」でやせた方の声をみてみましょう。この方は、お腹だけじゃなく全身やせ! 体重も8kg減に成功されました。A.Kさんのお話です。

『コロナ禍で働き方が変わったことをきっかけに、自分史上Max の体重に。すべての洋服がきつくなり、苦しいのを我慢して着用するストレスと、量るたびに増えていく体重が、嫌で嫌でたまりませんでした。
そこで、Naoko 先生に見ていただくことに。前々から股関節が硬いという自覚はありましたが、体の至るところがカチコチだと判明。初期は、「股関節ほぐし」で指示どおりに動くことさえ必死でした。

変化を感じるようになったのは、「股関節ほぐし」を始めて2カ月目くらいから。太ももは細くなり、少しヒップアップし、長年の悩みだった下半身の太さが徐々に解消。今では体重Max 時代のパンツもTシャツもゆるゆるです。

長年スポーツクラブに通ってトレーニングしてもほとんど変化がなかったのに、Naoko 先生の「股関節ほぐし」は本当に短期間で体が変わり、やる気になりました。最近は慣れてきて、硬かった部位もだいぶほぐれてきています。
まだまだ硬い部分はありますが、今はトレーニングがとても楽しいです。体が変わり、物事に対しても前向きになったのかもしれません。これからも続けて、使えていない筋肉を活性化し、エイジレスな感じで年を重ねられればと思っています』

 

基本の「股関節ほぐし」は3つ!

「股関節ほぐし」の基本メソッドは3つだけ。寝たまなの姿勢でできて、各1分でできる動作です。

・パタパタ体操
・グルグル体操
・カエル体操

詳しい動きはこちらの動画にあるのですが、こんな簡単な動きでいいの? って感じです。これを続けて行えば太ましくなった下腹もペタ腹になれるの!? これはもう、やってみるしかありません。

 

『寝たままペタ腹! 股関節ほぐし』(主婦の友社)
著者/Naoko
定価1,540円(税込) 2022年7月28日発売

【Amazonでチェック】
【楽天ブックスでチェック】

 

 

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク