#113  長年、彼氏がいない「ご無沙汰女子」は何かと不安になりやすい?【40代編集長の婚活記】

彼氏いない歴9年……。恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミはただいま46歳。一人で生きていく覚悟をしつつ「一生で一回くらい婚活をしてみようか」と始めた40代の婚活。

これまでに実行したのは、婚活パーティ、知人の紹介、モトカレとの再会、婚活アプリ、バーでの出会い、個室婚活。なんやかんやで2年が経過したがいまだ彼氏もできず……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

謎の男性・ジェントルさん登場

正直、最初はジェントルさんからもらったメールに、戸惑っていた。どう受け止めたらよいか、わからなかった。

ジェントル「こんにちは。OTONA SALONE、いつも拝見させていただいております。とても楽しい企画ですね! 東京女性の小宇宙カルチャーの先端です」

手元に名刺はあったのだけれど、どこで会ったか、どんな人だかまったく思い出せない男性・ジェントルさん。検索してもよくわからない。

とはいえ、まだまだ立ち上がって2年のOTONA SALONEのことをほめてくれたことはうれしかった。たとえ社交辞令だとしても。

 

途切れたメールに不安を感じる

うれしさのあまり興奮したのか、OTONA SALONEを立ち上げたきっかけについても暑苦しく伝えてしまった。まるでオタクのかたが、自分の趣味をほめてくれたときみたいに……。

暑苦しいメールを2通送ったら、ジェントルさんからの返信が来なくなった。

もしかして、引かれた? 嫌われた? ちょっとウザかったかしら、私のメール。あ、個室婚活で出会ったシチサンさん(#103)のUFOトークに通ずるものがあったかもしれないな。

小さなことで不安になってしまう……。それは、長年恋愛にご無沙汰すぎるせいかもしれない。

ジェントルさんはいったい何者?

ジェントルさんがなぜメールを送ってきたのかはわからない。けれど、OTONA SALONEを読んでくれる人、応援してくれる人が増えるのはシンプルにうれしかった。

しかし何者なんだろう、ジェントルさん。どこで会ったんだろう。

名刺に書いてあった会社は、アート系の会社のようだった。アート系、クリエイティブ系の人かな? デザイン関係? 広告関係? ファッション関係? 編集という職業柄、アート・クリエイティブ系の人と出会うことはめずらしくないので、やっぱり誰だかわからない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事