#114 赤っ恥!? お誘いメールを「勘違い」した独女の顛末【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思っていた恋人いない歴の長い40代の独女、OTONA SALONE編集長アササミが、婚活を始めて2年が過ぎた。

婚活パーティ、知人の紹介、モトカレとの再会、婚活アプリ、バーでの出会い、個室婚活などにチャレンジしてみるも、何ひとつ結果は出ず……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

謎の男・ジェントルさんに関してわかっていること

ある日、突然メールをくれた謎の男性・ジェントルさん。彼のことがなんとなく気になっていた。

・名刺をもらっていたのでどこかで会ったであること。

会ったのはこの1年くらいの間と思われること。

アート系の会社に勤務していること。

・OTONA SALONEを応援してくれていること。

 

顔も名前もわからないけれど

ジェントルさんに関してわかっていることは、せいぜいその程度。顔はもちろん、年齢もわからない。それこそ、独身かどうかもわからない。

なのに……このメールがどうしてこんなに気になるんだろう?

とても楽しい企画ですね! 東京女性の小宇宙カルチャーの先端です」というジェントルさんの言葉のチョイスがなんだかユニークで、面白かったからだ。

 

「〇〇フェチ」なのかもしれない

ちょっと話は逸れるが、婚活をやってわかったことがある。

私は、言葉づかいや言葉のチョイスをけっこう気にするタイプなんだな、と。言葉フェチ⁉ 編集の仕事をしているから職業病みたいなものかしら……。

話を元に戻そう。

しかし、そもそもジェントルさんから届いたのはビジネスメール。私に興味を⁉ と一瞬思ったけど、やっぱあくまでも社交辞令よね。恋愛にご無沙汰な独女はすぐ防御本能が働く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事