#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

またもや紳士なジェントルさん

パンが美味しいカフェに到着した。

すばやくサッと扉を開けて、中へどうぞとレディファーストなジェントルさん。2階の席へと通される。

ジェントル「階段、気を付けてくださいね」

さりげなく優しく気遣ってくれるジェントルさん。40数年間、こんな風に女性扱いをされてこなかったから、ちょっとした一言でうれしくなってしまう。

女性として扱ってもらえてるんだな、って。

 

恋愛ご無沙汰女子、ほんのり思う

レディファーストな立ち居振る舞いに、タクシーの中で感じた彼のいい香りも相まって、2回目デートは最初からドキドキしている私。

ジェントルさんのこと、好きになるかもしれない……。

まだ彼のことはよくわからないけど、鈍感な40代の恋愛ご無沙汰女子でも、なんとなくそう思った。

 

直感ではなくて、女の「感覚」

「感覚」というものかもしれない。

直感みたいにすばやく反応したというより、1回会って好感は持って、少し考えて、2回目に会ってみて「やっぱりそうかな」とじんわり掴んだ感覚。

久しぶりに、ほんとうに久しぶりに自分の中から出てきた「好きになるかもしれない」という感情。婚活アプリで知り合い、何度かデートを重ねたメガネさんでは、実は感じられなかったもの。

こんな感情、いつ以来だろう……。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事