#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

今回のカフェもカウンター席

自然光が降り注ぐ明るいカフェ。今回も、カウンター席だった。隣に並んで座る。前回のイタリアンのカウンター席より、距離がグッと近い。

うれしいような、恥ずかしいような……。

ジェントル「メニューです。どれにしますか? どれも美味しいですよ」

アサミ「よくいらしてるんですか?」

ジェントル「以前、この近くで仕事があって。その時期はよく通ってたお気に入りのカフェなんです」

アサミ「素敵なお店ですね。私、初めて来ました」

 

心が乙女ゆえのお店選び?

お洒落でセンスのいい店内。天気の良さもあって、心地いい空間だった。女性に人気のカフェなのだろう、お客さんのほとんどが女性。ジェントルさんのお店選びは素敵。

女心をわかっているというか……本人の心が乙女なのか。

隣からまた、ジェントルさんのさわやかな香りが香ってきた。最近、男性の香水をこの距離で感じたことがなかったからか、またドキッとする。

と同時にある言葉を思い出した。あるテレビ番組でタレントさんが言っていたこと。

「ゲイは、だいたい香水をバッチリつけてるのよ」

あ……。またゲイ疑惑が濃厚になっちゃった。確かに知り合いのゲイ男性も、わりときっちり香水をまとっている。いいにおいがする男性って、やっぱりそうなのかな。

 

またドキドキする言葉

オーダーした料理が運ばれてくるのを待つあいだ。ふと、ジェントルさんからの視線を感じた。

ジェントル「やっぱりお肌、キレイですね」

唐突にそんなことを口にした。恥ずかしくなって顔を押さえる。

アサミ「いや、そんなことないですよ。今日みたいな自然光だとシミとそばかすがバレます(苦笑)」

ジェントル「お肌にツヤがあります。40代には見えないです。日本人女性の肌はこんなにキレイなんだ」

アサミ「ありがとうございます。でも、お恥ずかしい、そんな見ないでください」

今日のデートでもほめてくれるジェントルさん。そんな、ほめないで。慣れてないから、また舞い上がっちゃう……。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事