判明した病名は「重度の貧血」。えっ、どうして…?【100人の更年期#15後編】

こんにちは、美容やファッション、ヘルスケアの分野を執筆する田中です。現在47歳です。前編では「なんとなく体調の悪かった私があわや黄疸?病院にかかるまでの大騒ぎ」をお伝えしました。結果、私の身体に判明したのは…。

>>(前編)それって本当に更年期? だるさ、疲れ、動悸の原因は別にあるかも?

【100人の更年期 ♯15(後)】

内視鏡検査では胃と大腸からの出血がないかを見る

 

手が黄色いことは黄疸でないことがわかったので、まず一つ心配ごとがクリアになりました。ただ、ひどい貧血、動悸が激しい心臓、という新たな2つの心配が浮上。

 

「子宮筋腫があるんですよね? 本当にこれが貧血の原因なのか、胃と大腸を見る必要があるんですよ」

 

内臓から知らないうちに出血があるとこれも貧血の原因になるので、一つずつ貧血の原因をつぶしていくのが目的だと、消化器内科の医師は話してくれました。

 

胃の内視鏡検査と大腸内視鏡検査を立て続けにうけましたが、幸いどちらも出血箇所はなく、貧血の原因はもともとある子宮筋腫が原因ではという結論が見えてきました。

 

モニターで胃壁の画像を見ながら、医師は

 

「普通はもっとね、胃の中はピンク色なんだけど、あなたの真っ白でしょ。これも貧血だからなんだよね」

 

確かに、私の胃壁はうすベージュ色。なにか見覚えがある。何だろう。そうだ、血抜きしたホルモンだ…

 

 

「体の中の鉄分がほぼ空っぽ」の状態だった私

胃と大腸からの出血もなく、心配ごとがまた一つクリア。あとは、循環器内科での心臓のエコーと血液検査の結果を聞きに行くだけ。胎児の心音は聞いたことがあっても、自分の心音を聞くのは初めてで、画像を検査技師とチェックしていきました。

 

「エコーで見ると、血流もいいし、静脈も太くてよく動きが見えたし、心配ないですね。ですが、血液検査の結果を見て貧血がひどいのがわかったので、追加して調べたんですが、ここ見てください。貯蔵鉄も空っぽなんですよ」

 

血液検査の項目で赤血球の数が極端に少なかったため、検査項目を追加したんだそう。全然知らなかったのですが、血液中だけでなく、実は肝臓にも貯蔵されている鉄分があって、その検査をしたら、見事にそこも基準値ギリギリ。全く足りてない状態だったのです。

 

少し前に胃と大腸の内視鏡検査を受けて、出血がなかったこと、子宮筋腫があること、過多月経の傾向だということも伝え、先生に指示を仰ぎました。

 

 

「鉄分が足りてない状態が続いていると、ゆくゆくは心臓に負担がかかってくるんです。いまのうちに治したほうがいいので、鉄剤をひと月分処方しますから、飲み続けてください。飲んだらすぐよくなると思いますよ」

 

子宮筋腫、過多月経由来の貧血が疲れやすさ、動悸の原因だったのかも

 

過多月経になったのも40超えてから、ここ数年のこと。数ヶ月前の不調で、いくつか婦人科にかかったときは、閉経までゆっくりと向き合っていくしかないですね、とふわりとした感じで「子宮筋腫にもいいから」と漢方薬を処方されてはいました。

 

ただ、今回、皮膚が黄色いこと、心臓の動悸が激しく心配になったことで受診した消化器内科や循環器内科では、先生からこの貧血はまずいですよ!という気配が感じられ、貧血の治療のために通常の倍の鉄剤が処方されました。

 

先生にも貧血のことについて聞きましたが、自分でも調べ始めると思い当たる症状が続々と。どれも更年期に見られる症状と似ていて、「疲れがとれない」「だるい」「イライラする」。「動悸が激しい」ももちろんありました。

 

脳内物質にも影響を与えて、うつ病にまで発展する?ということまで書いてあるものも。あと、忙しさにかまけて、栄養が偏った食事ばかり、しかも食べる量も多かったり、食べないときもあったりとぜんぜん気に留めていなかったことも、貧血を加速させる原因になったと思います。

 

鉄剤を飲み始めて数日で効果は現れました。「全然心臓がバクバクいわない!」「ダルさが減った?」

 

貧血対策をすれば必ず結果が現れる

 

女性は貧血の人が多いので、貧血当たり前のような感じがして、とくに対策をとっていない人が多いのでは?という気がします。

 

今回貧血がすべての原因だったみたい、と友人知人に話してみても、「脳貧血でよく倒れた(鉄分不足の貧血と別物)」とか「いつも健康診断で貧血って言われる」など、反応が軽いことが多かったです。

 

そんな私もそうで、筋腫も過多月経もあるのに、このなんとなく不調は全て年齢と更年期のせいにして、貧血とは全く結びついていませんでした。

今回、あまりなじみのなかった診療科にかかったことで、「貧血=治療がきちんと必要ですよ!」と喚起してもらった気がします。

 

生きるための基本中の基本「血液」の質、大事なんですね……。鉄欠乏性貧血ということは、簡単にいうと酸素を運ぶ赤血球、ヘモグロビンの数が極端に少ないので、体を動かすと酸素が回っていかないわけなのです。

 

すると血液をどんどん体中に回さないと!と心臓が頑張って動いてしまい、動悸が激しくなるわ、疲れるわという状態に。これが貧血=心臓に負担がかかることの意味か、と体をもって理解したのでした。

 

原因がよくわからない不定愁訴「だるい」や「疲れがとれない」という同世代の皆様、その不調は更年期かなとひとくくりにしてしまわず、一度貧血を疑ってみてほしいなと思いました。

 

貧血対策をするだけで、私のようにあのだるさや動悸の激しさ、息苦しさ、疲れやすさがみるみる改善していくのですから。多少は更年期もあるかもしれないけど、隠れ貧血によるものだとしたら、不定愁訴への対策ができるというのは朗報だと思います。

 

それにしても、私の黄ばんだ手のひらはなんだったのか。貧血による赤みが全くない分、皮膚の色がダイレクトに見えており、つまりただの超絶イエベ肌が判明しただけなのでした。

 

周囲の反応、とりわけ家族の反応

友人知人の反応としては、貧血に対する軽い認識と反応だったことはお伝えしましたが、いい機会だと感じ、当記事の原稿を夫に読んでみてもらうことにしました。

 

すると案の定、「すごい!あらためて大変だったのか、申し訳ない」とメッセージがきました。

 

 

すごいって何が、とはツッコミませんでしたが、救急外来にいくときも、検査結果も随時伝えていたのですが、メッセージのやりとりが主。結果を伝える文面だけ見れば「異常なかった」「よかったね」と簡素なもの。

 

大病ではなかったものの、その裏であーでもない、こーでもないと病院選びに頭を悩ませたり、安堵したり不安になったりした心の動揺っぷりまでは、詳細に伝えない限りわかるわけないかぁーと至極当たり前のことを思いました。

 

「結果OKなら大丈夫!」って思う男性と、「結果OKだけど、色々あって大変だったのをわかって!」と思う女性、の違いも浮き彫りになった気がします。その単純さに救われることもあるので、男女の違いってよくできてるなと。

 

思い返せば不安が強いときは些細なことで子どもにあたってしまったときもあり….。割り切っているようで、できてなかったという、めんどくさい自分が出てしまっていたのも確か。できるだけ客観的にいようとしていましたが、もう少しSOSを出してもよかったのかもしれません。

 

 

【100人の更年期】隔週日曜20時連載です。

あなたの更年期は?簡単なアンケートにご協力ください!

こちらから

■メインの症状別、みんなの話■

「言いようのない寂寥感」 48歳

「ホットフラッシュ」 48歳 51歳

「太った」 54歳

「生理不順」 45歳

「貧血」47歳

「めまい」 44歳

「突発性難聴」 47歳

「子宮頸がん」 46歳

「甲状腺の病気」 47歳

「鬱」 54歳

「プレ更年期」 45歳

「更年期が過ぎたあと」 59歳

 

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル】

医療は解決のためにある。どうか不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル】

更年期と「セックスレス」は関係アリ?この先50年も愉しんで【三松真由美】

離婚後5年「寝たきりの鬱と乳がん」を経て健康を取り戻すまで【櫻田千晶】

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

ベッキー、結婚再始動しても抜けない「例のクセ」にガッカリだ

久しぶりに見たけど、やっぱりベッキーって腕があるなぁ。2月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)を見ていて、こう思ったのでした。なぜベッキーを見る…

それって本当に更年期? だるさ、疲れ、動悸の原因は別にあるかも?【100人の更年期#15 前編】

こんにちは、美容やファッション、ヘルスケアの分野を執筆する田中です。現在47歳です。この半年ほど忙しかったのもあって、あちこちに体の不調部分が現れては対処し、現れては対処し、といたちごっこの日々。仕事の…

白髪染めを止められない40代「花王のリライズ」使ってみた【リアル体験レポ】

40代の髪悩みは人それぞれでしょうが、パッと見で加齢を感じてしまう「白髪」はおそらく不動のワントップ。おしゃれ染めから白髪染めになった時のことは私も忘れません。30代初めから現在までの女性の髪の加齢につい…

重曹とメラスポで全部解決!「アイテム別」で手早くすっきり大掃除

12月になると、日本人的な心理としては家の中がうっすら汚いままで年越しするのはなんともためらわれます。年末の1日をそれに充てて、一気にやるほうがいいという性格の方もいると思いますが、どれほど時間がかかる…

「無香料」の化粧品なのに匂いがするのはナゼ?成分表示の読み方ポイント

「無添加」「無香料」など、成分表示を気にしてスキンケア製品を選ぶ人、多いのではないでしょうか。チェックしているという声が上がる3大代表格が「パラベン」「香料」「アレルギーテスト」です。でも、実は「アレ…

40代が断捨離の次に目指したいスタイル「ヒュッゲ」って?

近頃、いろいろなメディアで目につき始めたのが「北欧」、そして「Hygge ヒュッゲ」なる言葉。まず、女性ファッション情報誌の大特集が「北欧」。旅特集でもないのに。次にテレビをつけたら、ゴールデンタイムに「…

セブンで発見!サラダチキンが5分で具どっさりスープになるパウチ

先月リリースされるや否や、ネット上で話題になっていた『今夜は手づくり気分』シリーズをご存じでしょうか。コンビニエンスストアで売っている「サラダチキン」を使用すること前提の、コンビニ専用商品。コンビニ内…

店頭で急激に品薄「コーディアル」。冷えも風邪もガードするおいしい飲み方は?

「コーディアル」ってご存知でしょうか。簡単に言うと、薬効があると言われているハーブなどのエキスが入った甘いシロップのこと。そのままでは甘すぎるため、水や炭酸で割って飲んでもいいし、お湯やお酒と割る飲み…

コンビニの「冷凍大学いも」がシャクもちスイーツに変身!半解凍テク

秋の味覚、芋栗スイーツを一巡したのですが、いまひとつ物足りないような。身近なところでもっとおいしいものが食べたい、と要求だけが高くなってきてしまうのが、40代の悪いクセ。そんなわがままな舌を満足させられ…

いまローソンのスイーツが熱い!今日お店に駆け込んで買うべきベスト3

しばらくセブンイレブンの和スイーツに心を奪われていたのですが、なにかを忘れていました。そうです。ローソンのUchi Cafe SWEETSの存在を。あのプレミアムロールケーキを初めて食べた衝撃のあのおいしさを。とい…

イケアの新アイテム、40代がリアルに使いたいものはコレ!

先日、多数のアイテムの値下げや、愛知県の新店舗などの記者会見を行ったイケア。言わずとしれた北欧スウェーデン発祥の家具雑貨量販店です。来年に向けた家具の新作も発表されるということだったので、さっそくチェ…

LIFEに関する最新記事