この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。

 

私ってもう更年期なの?みんなはどうなの?

 

オトナサローネは同世代の女性100人がいまどのような更年期を迎えているのか、そのあり方を取材しています。(ご本人の年齢や各種の数値は取材時点のものです)

【100人の更年期#14】
山下まほさん(仮名・48歳)東京都内で一人暮らし。企業勤務経験後、フリーライターとして独立。
現在は編集部勤務の編集者・ライター。2歳年上の独身の兄がいる。父親は66歳、母親は74歳で死去。

 

言われて気がついた。私も「めまい」が出ている

 

フリーライター歴が長く、おひとりさまの私は、生活がずっと大学生のまま。最近はアニメにハマっていて、夜中までゴールデンカムイを見てちょっと寝て、朝起きられないなんてことが普通です。

 

今回この取材を打診されるまで、私は「自分は更年期とは無縁」と思っていました。でも、気がついてみたら、ここしばらくめまいがするんです。

 

歩きながら、立ち上がるとき、頭がふわっと回る感じで。

 

これまで車の中で本を読んでも酔わなかったので、寝不足で体調が悪いのかなと思っていましたが、最近どうもすっきり晴れません。

 

確実に去年の今頃よりフラフラしています。仕事もあんまりキリっとまとまらず、首から上がぼわーっとしています。それ以外でも、全体的に去年より、一昨年より、リカバーがちょっとずつ遅くなっているなって実感しています。

 

この汗は「どの汗」なの?


こんな漠然とした不調も、更年期なら更年期と名前がつくと、一回腹落ちするんですよね。

 

私はこれまで、更年期=ホットフラッシュのイメージをものすごく強く持っていました。以前取材した50代のホットフラッシュ体験談があまりに強烈だったので、めまいや五感の衰えと更年期を結びつけていませんでした。だから、更年期と腹落ちしていなければ、脳神経を疑ったと思います。

 

汗もね、かくんですけど、これはどの汗なのか。

 

正直に言って、私はかなり太めです。ただいま、165cm、89kg。この汗は太っているせいなのか、それとも急いで歩いてきたから体温調整できていないのか、迷うんです。

 

でも、周囲の先輩たちに聞くと「太ってるからよ」「ホットフラッシュの汗はそんなもんじゃなわよ」って総ツッコミを受けます。汗の質が全然違って、珠のような汗がぽたぽたと落ちてくるから絶対わかるって。

 

なので、太っていると、更年期障害の中でも別軸の症状が出るのではないかと思っています。

 

ニオイの変化もそうです。

 

先輩たちは自分の枕や寝室がオヤジ臭くなると話していますが、私は40歳より前から自分の寝室がお父さんのニオイだと感じていました。体重というハードルが一つ載っている分、更年期の症状そのものに気づきにくいのかなって思います。

 

朝起きてしばらくしてから急に不安に襲われることが

私はもともと、あまりくよくよしないのですが、最近は死から逆算していろいろ考えるようになってきました。

 

50歳目前だな、もう少しで死ぬんだと気づいたときは、さすがにちょっとくよっとしました。

 

この先の漠然とした不安。両親が世を去っていて、仕事も正社員ではないので不安定。私、これまでいいかげんに生きてきて今に至るけれど、この先不安だなあ、と、こうして笑いながら話していますけれど、やっぱり不安はあります。

 

朝起きて、ぼーっと不安になることがあります。

 

でも、漠然とした不安と言ってはいますが、その理由はちゃんとある。私、老後ちゃんと生きていけるかな?と、経済的な部分で不安になっているんです。

 

たとえば私に貯蓄が1億円あったらこんな不安はないでしょうね。

 

不安と直面しない生き方をしてきた私

そしてもうひとつ、わかっていることがあります。私が太っている理由は、昔からこの、漠然とした不安と直面しないために食べるからだと。

 

いま私は独身で、親も亡くなっています。

 

ここまで考えると、アニメ、今ならゴールデンカムイ、ちょっと前はファーストガンダムでしたが、そういう映像作品を見始め、手元にあるものを食べ始めます。

 

「映像と食」で麻痺させて、「不安な気持ちに蓋をする」ことでやってきているんです。いやなことがあったらすぐに食べながら見る。

 

これは更年期というよりは私の生き方のクセで、10代からやめたいとは思ってきたけれど、もう50歳になってしまいます。でも、過食嘔吐みたいな話ではなく、お酒も食べ物も、何でもおいしくいただいています。

 

これまでなら女性ホルモンの守りがあって健康診断の数値が悪化していなかったのが、これから更年期を経て女性ホルモンが減ることでこういう暴飲暴食にも対応できなくなるんだろうなというふわっとした不安があります。でも、そうなってから考えよう。

 

不安の正体は執着。手放してもまだまだある

悩みの根源って、結局自分にはどうにもならないことだったりしますよね。いやなことが起き、どうしていやなんだっけと考え始めます。大抵は相手が自分の思う通りになってくれないから。

 

どうしてそう思うんだろうと考えていくと、結局は自分で相手をコントロールしなければいいんじゃんってなるんです。

 

私の「執着の手放し方」はこんな感じ。自分の中では「悩みって無駄なんだ」という結論を知っているので、途中の思い迷うプロセスが無駄なんですよね。数日もがいても、「結局私は自分勝手に相手を動かしたかっただけなんだな」って最後に気づくことがわかっている。

 

でも、「不安」ってもっと大きな要素の集合体だから、自分では結論を知っていると思ってももっと相手が大きくて、手放せないのかなって。

 

ずいぶんいろいろ手放してきたつもりだけれど、まだまだ執着してるんだなと感じます。

 

私、陽気な大柄キャラだと思われるんですが、実はかなり根暗で陰気。他人との距離もかなり遠く、土日は引きこもらないとダメだったりします。

 

こうして自分について話を聞かれると、自分が映像と食で蓋をしていた深層心理がちょろっと出てくる。そしていま考えていたのが、「やっぱり実家は売れないな」ということです(笑)。

 

兄も独身なので、最後は2人で生きていける、そんな最後の砦が実家。いろいろな不安は漠然とありますが、このような自分にとっての砦をみんな何か作りながら一周回って更年期を迎えているのかなって思います。

 

 

【100人の更年期】隔週日曜20時連載です。

あなたの更年期は?簡単なアンケートにご協力ください!

こちらから

 

 

■メインの症状別、みんなの話■

「言いようのない寂寥感」 48歳

「ホットフラッシュ」 48歳 51歳

「太った」 54歳

「生理不順」 45歳

「貧血」47歳

「めまい」 44歳

「突発性難聴」 47歳

「子宮頸がん」 46歳

「甲状腺の病気」 47歳

「鬱」 54歳

「プレ更年期」 45歳

「更年期が過ぎたあと」 59歳

 

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル】

医療は解決のためにある。どうか不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル】

更年期と「セックスレス」は関係アリ?この先50年も愉しんで【三松真由美】

離婚後5年「寝たきりの鬱と乳がん」を経て健康を取り戻すまで【櫻田千晶】

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

ベッキー、結婚再始動しても抜けない「例のクセ」にガッカリだ

久しぶりに見たけど、やっぱりベッキーって腕があるなぁ。2月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)を見ていて、こう思ったのでした。なぜベッキーを見る…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

自覚すれば救われる?40代の「なんとなく不調」は更年期かも

Sponsored By 小林製薬オトナサローネでは「100人の更年期」というインタビュー連載を通じ、ごく普通の日々を送る40代、50代女性のリアルな体調と気持ちの変化を取材しています。中でも目立つのは、特に40代の「……最…

[PR]

LIFEに関する最新記事