#162  47歳で恋人に「フラれた独女」の本音とは?【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めて約3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介……何度かくじけそうになりながらも婚活を続けている、OTONA SALONE編集長アサミ。

一度はジェントルさんという恋人ができ真剣交際がスタートしたものの、約3カ月にして彼の病気や家庭の事情により分かれることに。失恋の喪失感に陥っていたアサミだったが……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

本音を抑える40代独女

ジェントルさんと別れて1カ月が経った。

仕事には何の支障もなかったけれど、失恋の傷はまだ癒えていなかった。彼のことが忘れられなかった。

 

ジェントルさんと話したい、会いたい。

本音はその気持ちでいっぱいだった。

 

連絡先は知っているし、自宅だってもちろんわかっている。でも、あれだけいろいろ話して、どうしようもないとわかって別れを受け止めたのだから……。連絡するなんてしつこい女だし、カッコ悪いし、迷惑だと思うし。

オトナの理性で感情をコントロールした。

もしかしたらこんなとき、自分の素直な気持ちをぶつけられたほうが幸せなのかもしれない。ときどき、客観的・理性的な自分がイヤになる。

 

完全にお休みモードの婚活

婚活は完全にお休みしていた。婚活パーティに参加する気分でもなければ、婚活アプリを再開するテンションにもならない。

また、長い長い恋人いない歴の始まりなのかな。

でも、それ以上に危惧していたことがある。

 

彼以上に好きになれる人ができないんじゃないか、ということ。これもまた本音。

たぶん私は、恋愛感情を自覚するまでの導火線が、長いほうなんだと思う。ホレっぽくない。友達としてのLIKEまではいっても、恋愛のLOVEという気持ちになかなか至らない。

それに、ジェントルさんが素敵すぎたんだもの……。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク