#162  47歳で恋人に「フラれた独女」の本音とは?【40代編集長の婚活記】

素敵すぎたジェントルさん

編集長アサミの婚活スタートから、2年弱までをまとめた「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」。好評発売中です。

→書籍『ざんねんな婚活』について詳しくはコチラ

 

いまにして思えば、ジェントルさんは私にはもったいないほど素敵な人だった。

 

仕事で活躍していて、知識が豊富で、尊敬できる。

やさしくて、気遣いができて、フェミニスト。

料理や掃除、ボタンつけなどの裁縫まで家事全般ができる。

清潔感があって、センスがよくて、背が高くて。

食事、香り、触り心地……感覚の好みも近かった。

そして、いつも言葉や態度で愛情表現をしてくれた。

 

「ずっと好きでいてもらう」には?

こんな完璧すぎる彼に対して、私は何ができたんだろう? 与えてもらってばかりだったんじゃないだろうか?

……だからフラれるんだ。過去の恋愛を含め、私にはずっと好きでいてもらえる能力がない。

ずっと好きでいてもらうためには、なにが足りないんだろう。

美貌、財産、圧倒的な能力……ないなあぁ。

可愛げ、気遣い、愛情表現……たぶん足りないなぁ。

料理、家事全般……これも不得意だなぁ。

つまり、そもそもかけがえのない魅力がないってこと……? 考えれば考えるほど落ちこむ。

 

何事もなかったように日々を過ごしていたけれど、心の奥底では深い傷を抱えていた。夜、一人になるとジェントルさんのことを思い出して、涙する夜もあった。

だから、なるべく一人の時間を減らすよう、仕事や交友関係を深めることに勤しんでいた。

 

突然の「ふろふき大根」

Y嬢「いまからふろふき大根、食べませんか?」

仕事の知人である10歳くらい年下のY嬢から突然に連絡が入ったのは、一人で家にいたくないと思っていた、まさにそんな時期だった。

アサミ「会食だったから、お腹はいっぱいなんだけど……」

Y嬢「ひとくちでいいんで! 行きましょう」

アサミ「うーん、わかった(笑)。どこにいるの?」

Y嬢「池尻大橋です!」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク