【40代編集長の婚活記#207】もしかして彼は? 2回目デートで気づいたこと

OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は、婚活歴4年。いままで婚活パーティ、婚活アプリ、紹介婚活、個室婚活などでさまざまな男性と出会い、デートを重ねてきた。

現在婚活中のお相手は、婚活アプリで知り合った50歳の眼科医・レンズさん。メッセージから始まり、ゴルフ練習デート、ランチデートを重ねていたけれど……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

意外と「一致する」相手かも?

美味しいフレンチのお店でのランチデートは、レンズさんも私も、お互いにぶっちゃけトークができた気がした。それでわかったことは、

・味覚の好みが合う
・T.P.O.をわきまえてほしい
・経済的に一方に依存するのは好まない
・料理を女性ばかりが担うのはおかしい

このあたりの意見が一致、ということだった。好きなものだけでなく、嫌いなものも一致した点が今回の大きな収穫だったように思った。

 

2回目デートの最後は…

レンズ「これでチェックを」

そう言って、カードを渡した。店員さんが去ったあと、彼に尋ねた。

アサミ「おいくらでしたか? お支払いします」

と言ったけれども、レンズさんはかたくなに断り私の分も支払ってくれた。

アサミ「ありがとうございます。美味しいランチをごちそうさまでした」

ランチのあとは軽く街を散歩した。そしてレンズさんとの2回目デートは終わった。

レンズ「またお会いしましょう。お誘いします」

帰宅してお礼のメールを送った。

アサミ「今日はありがとうございました。とても楽しかったです。そして美味しいランチ、ごちそうさまでした」

すぐにレンズさんからも返信がきた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク