丸顔も奥二重も気になるけど! 40代からのメイクは「1点突破」主義【40代からの美容道】

コンプレックスだらけの顔です。丸すぎるほど丸顔の輪郭がイヤだし、奥二重のまぶたもイヤだし、ぺちゃんこ鼻もイヤだし……あぁ、数えたらキリがないくらい出てくるわ。20代、30代の頃はいろいろ悪あがきしてみたけれど……40代からはもう悪あがきしてもしょうがない。美容編集者歴22年・45歳。40代からは「1点突破」メイクをオススメしたいです!

 

ここがイヤ!顔のコンプレックスTOP5

先ほども申しましたが、コンプレックスだらけです。自分的にイヤなパーツランキングを5位まであげてみましょう。

第1位 丸すぎるほど丸顔の輪郭

丸っぽい顔ではなく、縦の長さと横の長さがほぼ変わらない、限りなく円に近い顔です。あごの長さも極端に短いです。

第2位 鼻筋のまったくないぺちゃんこ鼻

写真を正面から撮影すると小鼻しか写りません。低すぎて鼻筋の陰影ができないのです。

第3位 余白が多く平面的な頬

ほおの面積が広いんですよね。丸顔の輪郭も関係ありますが。立体感もないから余白が目立つんです。

第4位 奥二重のまぶた

まぶたの上の部分がフラットなんですよね。パッチリしてない。

第5位 ほうれい線が目立つ、肉づきのいい皮膚

顔の皮下脂肪が多いんです。肉のせいでほうれい線が目立つし、将来もっとたるむんでしょうね(予想)。

直せるものなら全部直したいけれど、美容整形でもやらない限り修正されないことばかりです。でも両親からもらったDNA。自然には抗わずコンプレックスも個性と受け止めております!

 

少しでもマシに見せたい!

コンプレックスは個性だと受け止めてはいるものの「少しでもマシには見せたい」というのが女心というものです(男心もそうか)。だからメイクなどに勤しむわけです。とはいえ、働く40代(+独身)は忙しい。

仕事も家事も人づきあいも、自分でやるしかありません。

しかし時間というものは誰にとっても平等で、24時間しかありません。

だから「少しでもマシに」見せる努力は、あれもこれも手を出すのではなく、1点に集中してみるとよいと思います。

そして、欠点をカバーするのではなく、長所を伸ばす。最近、教育や仕事の面でも言われていますよね? なんでもまんべんなく平均を目指すのではなく、いいところや適性を伸ばしていく。40代からのメイクもそれと同じです!

 

メイクに30分もかけられない!

以前、20代のギャル雑誌をやっていたのですが、彼女たちはコンプレックスを克服するメイクをしていました。一重を二重に。平面顔を立体的に見える顔に。でも、それだけにメイクは濃いし、時間もだいぶかかっていました。短いコでも30分はかかる。

40代であのメイクをやったらさすがに痛いと思いますし、忙しい朝の出勤前のメイクは10分もかけていられません。

美容編集者という仕事柄、いろんな人のメイクを見てきてたどり着いたのが、40代からは長所を伸ばす「1点突破」メイクでした。あれもこれもやらない。頑張るのは1点だけというものです。

「1点突破」メイクには、2つのポイントがあります。

 

ポイント1 「マシなパーツ」だけ頑張る

どんなにコンプレックスだらけでも「ここはまぁ、マシか」と思えるパーツがなくはないでしょう。もしくは他人にほめられたことのあるパーツ。そこのメイクだけを頑張って、あとはそんなに時間をかけない、頑張らない。(笑)。

私の場合は、肌と眉毛をほめられたことがあります。眉毛は自分でもわりと好きです。なので、その長所を生かすようなメイクをしています。

若いときはマット肌がクールな感じで好きでしたが、40代を過ぎたいまはツヤ肌になるように仕上げています。リキッドかクリームファンデーションを使っていますが、ファンデーションを伸ばしたらよーく叩き込んで、そのあとお粉を使わない!油が切れはじめてるので、ファンデーションで油がのってるくらいがハリがあるっぽく見えてちょうどいい気がしています。

 

眉はですね、両親からいただいたDNAに感謝なのですが、元々の生え方がいまの時代にわりと合ったストレート眉で、毛量もそこそこあります。

だからちょっとまばらに見える部分だけパウダーをのせる程度(頑張るときは眉マスカラ)。ただ、いくらわりといい感じの眉だとしても、まったく眉メイクをしないとちょっと間抜けになってしまいます。眉をちゃんとしただけでもすっぴんより顔が締まるので、私にとっては重要だと思っています。

 

ポイント2 日によって「頑張るパーツを変える」

肌と眉が私の「マシなパーツ」ですが、毎日2つとも頑張っているわけではありません。よっぽど余裕のある朝なら別ですが、ふだんは余裕がありません。そのため通常は「今日は肌=ファンデーションを頑張る日」「今日は眉メイクを頑張る日」といったように、どこか1点に絞っています。

また、ときによっては「マシなパーツ」じゃないところにしてみることもあります。血色が悪いなと思ったら「今日はチークを頑張る日」。目ヂカラがほしいときは「今日はアイラインを頑張る日」。女らしさが不足しているときは「今日はマスカラを頑張る日」……といったように、日によって頑張る1点突破のパーツを変えてみたりしています。

(たいして変わって見えない、というツッコミはさておき)。

 

頑張らない、というか頑張れない(苦笑)

40代からのメイクは、もうあれこれ頑張らない。いや、正確にいえば頑張れない(苦笑)。だからこそ、守るべきことはこの2点です。

1.マシなパーツだけ頑張る

2.日によって頑張るパーツを変える

たったこれだけです。もちろん時間に余裕があるときや、ハレの日などはこれに限りませんけれど。

コンプレックスに悩んでカバーするよりも、いいところを伸ばす。自分の顔とはまだまだ長いおつきあいですから、自分のいいところを伸ばすメイクをしていきましょう!

 

【40代のメイクはこちらもオススメ】

顔のたるみは「線」で攻略!40代が重視すべき3大メイクポイント

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点

眉メイクでマイナス5歳! 美人度あがる眉マスカラの使い方と、色選びをくらべてみた

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

いいねの嵐⁉ シンガポールの楽しい「写真映えスポット」4選

旅といえば、撮影したくなるもの。自分の記念にもSNSでのシェアにも、遊びゴコロのある面白い写真を撮りたくなりませんか?OTONA SALONE的シンガポールの面白い映えスポットをご紹介します!【シンガポールの4大映え…

なんて癒し! かわいすぎる「子猫カレンダー」で感じた5つの幸せ

なんて愛くるしいのでしょう! ふわふわな毛並み、まぁるい目、クリームパンみたいな手。見ているだけで自然と笑顔になってしまう子猫の写真。あぁかわいい、癒される、幸せ。OTONA SALONE編集長アサミ、実はここ数…

#162  47歳で恋人に「フラれた独女」の本音とは?【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めて約3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介……何度かくじけそうになりながらも婚活を続けている、OTONA SALONE編集長アサミ。一度はジェントルさんという恋人ができ真剣交際がスタートした…

美味しい&オシャレ! 大人のシンガポール「絶品グルメ」おすすめ4選

シンガポールはグルメ天国。せっかく行くなら、美味しくてオシャレなお店で優雅に食事を楽しみたいものです。写真もキレイに撮りたいですよね。プラナカン料理や、洗練されたモダンキュイジーヌ、定番チリクラブ……素…

#161 「恋愛維持力」がない 40代独女、3カ月でフラれる【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、まさに山あり谷あり……。。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介にも2年以上玉砕し続けていたOTONA SALONE編集長アサミ。しかし、ちょっとしたきっかけで知り合ったジェントルさん(49歳・バツイチ・…

当たる!スゴイと噂! シンガポール「最強パワースポット」3選

風水をもとに設計されている場所が多いというシンガポール。実は強力なパワースポットがたくさんあるのです。なかでもパワーがスゴイと評判の3大パワースポットをご紹介します。恋愛運、金運、仕事運……いろいろ開運…

#160 婚活独女、9年ぶりにできた彼との「恋の顛末」【40代編集長の婚活記】

40代で婚活を始めたOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティに参加したり、婚活アプリに登録したりするものの、好きな人も恋人もできないまま2年以上が経過。しかし、2年が過ぎたころに出会ったジェントルさん(49歳…

シンガポールで泊まりたい!おすすめ「ラグジュアリーホテル」3選

旅行するとき、意見が分かれるのがホテル選び。リーズナブル志向、アクセス重視などもありますが、私は「ラグジュアリーなホテル」という選択をおすすめします。毎日を忙しく働く大人女性にとって、旅は最高の癒し。…

#159 40代独女、婚活デートを「キャンセル」されて【40代編集長の婚活記】

40代編集長の婚活記が連載スタートしてから約3年。高校に入学した生徒が卒業した分の年月が経った。いまだに見えない婚活のゴール……。婚活2年半で、久しぶりに恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の子供あ…

おひとりさまOK! シンガポールで絶対食べたい「3大地元グルメ」

シンガポールに行ったら何を食べましょうか。オトナ女性の一人旅がふえている昨今、女性一人でも入りやすい「おひとりさまグルメ編」をお届けします。人気店だけれど予約せずにサクッと入れる、シンガポールの3大名…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事