靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

2018.07.03 FASHION

5・汚れた白のコンバース

白のコンバースは、ずっと一定の人気を保っているレアなアイテム。しかし、だからこそ経年劣化して薄汚れたものを履いていると、一気に生活感が出てしまいがち。汚れが落ちなくなったら新しいものを買い直すか、きちんとケアして清潔感のある状態をキープしましょう。洗って汚れが落ちたとしても、クタクタになってしまったらやっぱり買い替え時です。これからはネイビーやブラウンのカラーコンバースが注目されているので、買い替えるなら色も更新してみるのもおすすめです。

 

6・ビッグサングラス

すっぴん隠しや旅行用に、ビッグサングラスは40代女性の誰もが一つは購入した経験があるのでは? 手軽にセレブ感が出せるからと、ファッションとしてハイブランドものが当時はたくさん売れました。しかし、アイウエアにももちろん流行があります。2018年はフレーム上部が尖った、キャットアイタイプやクリアフレーム、ライトカラーのレンズなどがトレンドです。40代が取り入れるには少し抵抗があるかもしれませんが、いつまでも昔のサングラスをかけていると、気取ったオバさん見えしてしまうかもしれません。

 

7・スタッズベルト

トップスイン&ウエストマークが当たり前の今季、デニムやチノパンツにベルトをオンする着こなしも見かけます。しかし、肝心のベルトが少し太めのスタッズ付きだったりすると、一気に昔っぽくなってしまうので気をつけて。今のトレンドとしては、細めのレザーやテープベルトなどがおすすめ。インパクトのあるゴツいベルトはウエストの太さを強調するだけなので、むしろつけない方がマシかもしれません。

 

 

以上、いかがだったでしょうか。Tシャツ×デニムや、ワンピをさらっと一枚など、着こなしがシンプルになる夏コーデだからこそ小物使いの落とし穴には気をつけてください。鏡の前で「あ、懐かしい……」という感情が湧いてしまったら、思い切って処分することをおすすめします。そして、流行っているからと自分の着こなしとのバランスを考えずに買ってしまうと、チグハグな印象になり若作り感が出てしまうので、線引きをきちんとしたうえで夏小物を楽しんでください。

 

■【FASHION】只今の人気記事■

恐怖の薄着シーズンがやってきた!40代でも痛くない「やせ見え服」って?

下半身ポチャでもすらりとカバー!「ワイドパンツ&ロングスカート」着やせコーデ

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

 

■「痛いオトナ」になってない?40代ファッション人気記事■

【まだ着ていたら痛い!?】40代になったら捨てるべき8つの定番アイテム+5

「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ。40代女性閲覧注意!?5選

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

あんなに流行っていたのに!今持っているだけでゾッとする痛いアイテム6選

1 2

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク