#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。

以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と思われる)49歳・バツイチの男性・ジェントルさんと2回目デートをすることに。ゲイ疑惑は晴れないけれど、ジェントルさんの何気ない行動にドキドキし始めて…。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

ジェントルさんと手と手が触れる!

ギュッと手を握られた…のかな?

トクトクトク…。2回目デートはパンの美味しいカフェ。カウンター席で隣に並んで座り何気なく会話しながら、私の脈がはやくなっているのを感じた。

それは、こんな理由からだ。

ジェントル「あ、今日もツメ、カワイイですね!」

アサミ「ありがとうございます。また猫ネイルにしちゃいました。いま、自分の中で猫ブームで」

ジェントル「カワイイ。よく見せてもらってもいいですか?」

アサミ「はい」

その時だった。彼は私の手をキュッと持って、自分の顔に近づけた。手と手が触れた瞬間、ものすごく脈がはやくなったのだ。

 

このエッセイが書籍に!明日、発売!

前代未聞! 成功していない婚活本です。#ざんねんな婚活 #ご無沙汰女子

お話の途中ですが!

いつも読んでくださっているみなさんのおかげで、ついに「40代編集長の婚活記」が一冊の本になりました。紆余曲折している40代の婚活記事からかなり加筆修正しました。冒頭や最後の章は未公開の完全に書き下ろしです。

執筆中もいろんなことがあって、実は涙を流しながら書いた部分も……(苦笑)。筆者はどの部分で泣いていたのか? ぜひ妄想してください。2018年12月13日発売。ある意味、私の第2の誕生日かも。。。

『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活: 婚活して初めて気づいた、人生において大切な17のこと』

 

男性に手を触れられるなんていつ以来?

話をもとに戻そう。

男性に手を触れられるなんていつ以来だろう?

偶然ぶつかったとは別として……もう7年くらい前になるのか。仕事で会ったクリエイターさんとデートした帰りのタクシーの中で手をギュッとされたとき以来だ。あとで彼は既婚者だったことがわかったから、結局それで終わりにしたけれど。

それはさておき。

ジェントルさんが私の手を触れたのは「持った」みたいなものだ。よく見えないネイルを近づけて見るために持った感じ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事