【40代編集長の婚活記#214】グサッ! 男性のするどい指摘にあ然とした40代独女

40代の婚活は、オトナになっている分だけ勢いでは進まない。OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は婚活歴4年、婚活で出会った相手は100人以上になる。

50歳の眼科医・レンズさんと婚活アプリで知り合い、3回のデートを重ねた。デートのあとメッセージを送ったら「いまからちょっと話せますか?」ときて電話での会話が始まったが──。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

まさかの発言がやってきて

3回目デートを終えて、レンズさんとの感覚の違いを感じていた。そろそろ終わりにする頃だとは思っていた。それは、レンズさんも同じだったようだ。

デート中の会話から、時間の使い方や親の介護の問題、当たり前と思うことには、かなり大きな隔たりがわかった。

レンズ「アサミさんは言っていることとやっていることが違いますよね」

アサミ「え? どういう意味ですか?」

レンズ「文字通りです」

アサミ「あの、具体的に何が違いましたか? ちょっと思い当たらないです」

レンズ「わからないなら、いいんです」

アサミ「いえ、教えてください。私の何が言行不一致だったと思うのか、今後のために知りたいです」

思わせぶりな発言をしておいて、それで終わりは困る。

 

何が違うというのだろう?

レンズ「自覚はないということですね?」

アサミ「考えてみましたけど、正直わかりません」

レンズ「3回お会いしてわかりました。あなたは、自立している女性じゃなかった」

どういうこと? 私のことをどうして自立していないと言うのだろう。

自立ってどういう意味だっけ? 一般的には「他からの支配や助力を受けずに、存在すること」よね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク