旬のアサリが3倍おいしくなる!セロリのワイン蒸し【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載27回目となる今日は、これからがベストシーズンのアサリを使った料理を紹介します。旬のアサリをセロリと合わせ、シンプルに白ワインで蒸し上げた〈アサリとセロリのワイン蒸し〉です。
この料理は元々ベルギー発祥で、ムール貝を使ったものが一般的ですが、ここ日本ではアサリを使用するのが1番です。この時期のアサリは身も大きく、鉄分やミネラルなどの栄養分も豊富なので特にオススメ。そして何より安価で簡単に手に入るのが嬉しいですよね。

【家バルつまみ by vivo花本朗 #27】アサリとセロリのワイン蒸し

合わせる野菜はセロリ。

ベルギーやフランスでも大抵ワイン蒸しにはセロリを合わせます。セロリの香味が貝の旨味を引き立たせるのでしょうね……   後、昔はあまり新鮮でない貝も調理していたでしょうから、臭み消しの意味合いもあったのかもしれません。いずれにせよ相性抜群なので試してみてくださいね。もし「セロリが苦手……」という方がいらっしゃいましたら、玉ねぎで代用を。その際はちょっとだけニンニクを足してください。より美味しく作れると思います。

セロリは根元の方の太い部分はサラダなどの他の料理に使ってもらって、葉に近い方の細くて固い部分をこのワイン蒸しに使うとムダなく消費できるかと思います。

では今回も早速作っていきましょう!

【材料】
アサリ            300g
セロリ            1/2本
白ワイン          50cc
サラダ油           大さじ1

材料はたったこれだけです。とってもシンプルでしょ?サラダ油の代わりにバターを使用してもいいですが、個人的にはバターは必要ないかと…… アサリの美味しさをストレートに味わうにはサラダ油の方が適しています。

 

 

【作り方】

①先ずはアサリの砂抜きをしておきましょう。最近では塩抜き洗浄されたものが販売されていますが、念のため。 ※塩水(コップ3杯の水に塩小さじ3杯)で30分程浸し、1度水洗いしてから使用。

 

②鍋にサラダ油を入れ、カットしたセロリを投入。強火で炒めていきます。

 

 

③セロリに火が通ったら、アサリを一気に加え、白ワインを回し入れます。火は強火のまま。

 

 

④直ぐにフタをして待つこと1分。

 

 

⑤フタをとって、殻が開いていたら火の通ったサイン。まだ開いていないようなら火加減が弱かったのかもしれません。強火にして更に30秒火を入れていきましょう。

 

⑥殻の開いたアサリを先にお皿に盛ります。

 

 

⑦ここでスープの味見。まだ白ワインの酸味が残っているようでしたら、少し煮詰めてあげるとグッと美味しくなりますよ。お好みの味わいになったら、アサリの上から熱々をかけてあげましょう。アサリを鍋に入れたままでこの工程を行ってしまうと、アサリの身が硬くなってしまうので注意くださいね。

 

はい、これで完成です。
このスープが最高ですから、ぜひバゲットと一緒にどうぞ。

もし白ワインが家にない……という方は実はビールでもOKなんです。 白ワインの分量をそのままビールに置き換えてもらえば大丈夫。ビール蒸しもちゃんとした調理法で、実はとっても美味しいんですよ! この料理発祥の地、いかにもベルギーらしい感じですよね。
残りの余ったビールを飲みながら、熱々のアサリをいただくのもいいんじゃないでしょうか。

ぜひいろいろと試してみてください。

 

 

過去記事一覧はこちら

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。花本さんは中野本店でキッチンに立っています!レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

http://www.vivo.tokyo/

 

【花本朗さんの家バルつまみ、週1回金曜の夜に更新中!】

■VIVOといえば「ウフマヨ」の元祖!

手作りマヨネーズと「ウフマヨ

 

■ひとさらたっぷり系

手間なし「ポテトグラタン」

お店みたいな「バターライス」

プロの「クロックムッシュ」

「牡蠣とほうれん草のグラタン」

シンプル絶品ジャーマンポテト

 

■肉やお魚系

「塩サバ」と絶品バターソース

簡単「牛肉の黒ビール煮込み」

本格「サーモンリエット」をサケ缶で

「豚肉+ツナソース」完全に外国なレシピでビール進みすぎ!

豚こま肉のドライトマトマリネ

揚げずに簡単フライ風!「鶏肉のディアボロ」が悪魔な理由

アサリとセロリのワイン蒸し

 

■サラダつまみ

クスクスで「ホタルイカのタブレ」

「ポテサラ」にこれを入れるだけでお店の味に

秘密の「オリーブマリネ」

すっぱすぎない「野菜ピクルス」

とろ~りヘルシーなチーズのサラダ。秘密のコレを使う

糖質制限中もOK、にんにくなくても美味しい「フムス」のレシピ

 

■野菜系

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?

汁ほとばしる「きのこアヒージョ」

春菊のアーリオオーリオ

春キャベツとハムのサラダ

面倒な日はコレ、長ネギをレンジに2分かけるだけ

オニオングラタンスープの時短テク

「きのこのクリーム煮」の秘密

 

 

■ワインのこと

僕なら手土産ワインはコレにする。お店でもガチ人気の1000円台赤&白

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

新米の塩おにぎりに「ごま油」プラスすると絶品!よりおいしくするポイント3つ

こんにちは!新米美味しいですね! 昨年末炊飯器をバーミキュラに変えてからお米が美味しくて美味しくて、お米屋さんで2銘柄ずつ買っては味比べしています。バーミキュラ…

料理本に革命!?料理中のイライラが解消できる、画期的レシピとは

料理本はおいしい料理がひと目で見つかり作りやすいレシピがいっぱい。でも、いざ作ろうとすると、ギュウギュウとページを押し開かないと本がすぐに閉じてしまったり、調理…

ズッキーニは生でもこんなに美味しい。スモークサーモンのタルタル【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載29回目となる今日は〈スモークサーモンのタルタル〉を紹介します。この料理、魅力は材料のシンプルさ。市販されているスモークサーモンと野菜をさいの目に切って、…

なぜパプリカと塩だけでこんなに美味しい料理ができるの?【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載28回目となる今日は、『赤パプリカのピペラード』という料理を紹介します。この料理はフランスとスペインの国境辺り、バスク地方の郷土料理として有名なのものです…

新じゃが買ったら絶対コレね!シンプル絶品ジャーマンポテト【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 さて連載26回目となる今日は、旬の新じゃがいもを使った〈リヨネーズ〉というフランス料理に挑戦です。リヨネーズ?? またまた聞きなれない料理名が出てきましたが、「…

揚げない簡単こんがりフライ!トースターで「鶏肉のディアボロ」【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。ビーボの花本朗です。さて連載25回目となる今日はフランスではディアブル(仏diable)、悪魔風と呼ばれている〈鶏肉のマスタードパン粉焼き〉を紹介したいと思います。名前はちょっと恐ろしげ…

缶詰でもOK!シンプル材料で本格「フムス」のレシピ【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載24回目となる今日はひよこ豆を使ったディップ〈フムス〉に挑戦です。中東発のこのヘルシーフードはフランス・イタリア・スペインなどの地中海地方のヨーロッパでも…

春キャベツとハムのサラダは「お酢」をこう使う【シェフの技】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載23回目となる今日は、旬の春キャベツにハムを合わせたシンプルなサラダを紹介します。ドレッシングも使用せず、味付けは塩と砂糖と酢のみ。ただ調理法にはちょっと…

簡単すぎる!クスクスとトマジューで「ホタルイカのタブレ」【シェフの技】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載22回目の今日は、旬の『ホタルイカ』を使ったとっても美味しいバルつまみを紹介します。『ホタルイカ』に合わせるのは世界最小のパスタと言われる『クスクス』。こ…

【シェフのテク】豚コマがデパ地下惣菜に変身!ドライトマトの肉マリネ

こんにちは、vivoの花本朗です。さて連載21回目となる今日は、前回に続き“豚こま肉”を使った超簡単イタリア惣菜〈豚肉とドライトマトのバルサミコマリネ〉を紹介します。豚肉を一旦フライパンでこんがりソテーして…

「豚肉+ツナマヨ」これ完全に外国なレシピでビール進みすぎ!【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。さて、連載20回目となる今日は〈豚肉のトンナート〉という料理の紹介です。このトンナートというのはツナを使ったソースの名称で、イタリア・ピエモンテ州の郷土料理になります…

とろ~りヘルシーなチーズのサラダ。秘密のコレを使う【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。さて連載19回目となる今日は〈温製ヤギチーズのサラダ〉の紹介です。熱したヤギチーズに、たっぷりの葉野菜を合わせたビストロの定番料理。とっても美味しく私のお店でも大人気…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事