なぜパプリカと塩だけでこんなに美味しい料理ができるの?【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載28回目となる今日は、『赤パプリカのピペラード』という料理を紹介します。

 

この料理はフランスとスペインの国境辺り、バスク地方の郷土料理として有名なのものですが、作り方には様々あって特にコレといった決まったレシピはありません……。

ピーマン、にんにく、トマト、卵……と 使用する食材は大体限られているのですが、今回はこのピペラードを〈赤パプリカ〉と〈塩〉だけで調理してみようと思います。

究極なまでに余計なものを削ぎ落とした、ピペラード。『パプリカってこんなに美味しいの??』皆さんに、きっとそう再認識していただける料理なのではないでしょうか。

 

【家バルつまみ by vivo花本朗 #28】赤パプリカのピペラード

 

クタクタに煮るとは?

フランス料理の技法でシュエ(仏 suer ※汗をかくの意)というものがあります。これは素材の持っている水分だけを利用して、野菜にじっくりと汗をかかせるように炒めることを指します。今回はこの技法を使ってパプリカをクタクタになるまで炒め煮にしていきます。

 

【材料】
赤パプリカ             2個(約300g)
塩 小さじ                1
サラダ油 大さじ    1

※煮込んでいくうちに量が減るので、2個ぐらいが作りやすいと思います。

 

①先ずは半分に切ってヘタと種を取り除きます。

 

②内側の白い部分を取る人もいますが、加熱するので気にせずそのままでいきましょう。

 

③2.3mmにスライスします。

 

④鍋にサラダ油をしき、赤パプリカを入れ塩をします。パプリカから水分が出てくるまでは焦げやすいので、注意してよく混ぜてください。

 

⑤パプリカがしんなりとしてきたら、火を弱火にして後は15分-20分、炒め煮にしていくだけです。しばらくすると“スュエ”されたパプリカから水分が出てきます。もし途中水分ががなくなるようなら、水を大さじ2加えてください。

 

 

⑥15分後。水分がなくなりパプリカがねっとりとすれば完成。

 

 

この料理は温かくても冷たいままでも美味しくいただけます。

 

 

ただパプリカだけじゃちょっと物足りない… もう少し旨味がほしい… という方は、卵とベーコンを添えてみてください。これとバゲットがあれば立派な一食になりますよ。

ぜひお試しください。

 

 

過去記事一覧はこちら

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。花本さんは中野本店でキッチンに立っています!レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

http://www.vivo.tokyo/

 

【花本朗さんの家バルつまみ、週1回金曜の夜に更新中!】

 

■花本さんの人気5記事は

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?

「塩サバ」と絶品バターソース

手作りマヨネーズと「ウフマヨ

本格「サーモンリエット」をサケ缶で

手間なし「ポテトグラタン」

 

■ひとさらたっぷり系

お店みたいな「バターライス」

プロの「クロックムッシュ」

「牡蠣とほうれん草のグラタン」

シンプル絶品ジャーマンポテト

 

■肉やお魚系

簡単「牛肉の黒ビール煮込み」

「豚肉+ツナソース」完全に外国なレシピでビール進みすぎ!

豚こま肉のドライトマトマリネ

揚げずに簡単フライ風!「鶏肉のディアボロ」が悪魔な理由

アサリとセロリのワイン蒸し

スモークサーモンのタルタル

 

■サラダつまみ

クスクスで「ホタルイカのタブレ」

「ポテサラ」にこれを入れるだけでお店の味に

秘密の「オリーブマリネ」

すっぱすぎない「野菜ピクルス」

とろ~りヘルシーなチーズのサラダ。秘密のコレを使う

糖質制限中もOK、にんにくなくても美味しい「フムス」のレシピ

 

■野菜系

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?

汁ほとばしる「きのこアヒージョ」

春菊のアーリオオーリオ

春キャベツとハムのサラダ

面倒な日はコレ、長ネギをレンジに2分かけるだけ

オニオングラタンスープの時短テク

「きのこのクリーム煮」の秘密

赤パプリカと塩だけでできてしまう絶品ピペラード

 

■ワインのこと

僕なら手土産ワインはコレにする。お店でもガチ人気の1000円台赤&白

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

旬のアサリが3倍おいしくなる!セロリのワイン蒸し【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載27回目となる今日は、これからがベストシーズンのアサリを使った料理を紹介します。旬のアサリをセロリと合わせ、シンプルに白ワインで蒸し上げた〈アサリとセロリ…

新じゃが買ったら絶対コレね!シンプル絶品ジャーマンポテト【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 さて連載26回目となる今日は、旬の新じゃがいもを使った〈リヨネーズ〉というフランス料理に挑戦です。リヨネーズ?? またまた聞きなれない料理名が出てきましたが、「…

揚げない簡単こんがりフライ!トースターで「鶏肉のディアボロ」【シェフ直伝レシピ】

皆さん、こんにちは。ビーボの花本朗です。さて連載25回目となる今日はフランスではディアブル(仏diable)、悪魔風と呼ばれている〈鶏肉のマスタードパン粉焼き〉を紹介したいと思います。名前はちょっと恐ろしげ…

缶詰でもOK!シンプル材料で本格「フムス」のレシピ【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載24回目となる今日はひよこ豆を使ったディップ〈フムス〉に挑戦です。中東発のこのヘルシーフードはフランス・イタリア・スペインなどの地中海地方のヨーロッパでも…

春キャベツとハムのサラダは「お酢」をこう使う【シェフの技】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載23回目となる今日は、旬の春キャベツにハムを合わせたシンプルなサラダを紹介します。ドレッシングも使用せず、味付けは塩と砂糖と酢のみ。ただ調理法にはちょっと…

簡単すぎる!クスクスとトマジューで「ホタルイカのタブレ」【シェフの技】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載22回目の今日は、旬の『ホタルイカ』を使ったとっても美味しいバルつまみを紹介します。『ホタルイカ』に合わせるのは世界最小のパスタと言われる『クスクス』。こ…

【シェフのテク】豚コマがデパ地下惣菜に変身!ドライトマトの肉マリネ

こんにちは、vivoの花本朗です。さて連載21回目となる今日は、前回に続き“豚こま肉”を使った超簡単イタリア惣菜〈豚肉とドライトマトのバルサミコマリネ〉を紹介します。豚肉を一旦フライパンでこんがりソテーして…

「豚肉+ツナマヨ」これ完全に外国なレシピでビール進みすぎ!【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。さて、連載20回目となる今日は〈豚肉のトンナート〉という料理の紹介です。このトンナートというのはツナを使ったソースの名称で、イタリア・ピエモンテ州の郷土料理になります…

とろ~りヘルシーなチーズのサラダ。秘密のコレを使う【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。さて連載19回目となる今日は〈温製ヤギチーズのサラダ〉の紹介です。熱したヤギチーズに、たっぷりの葉野菜を合わせたビストロの定番料理。とっても美味しく私のお店でも大人気…

「きのこのクリーム煮」は3種類入れると劇的に美味しくなる【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。さて連載18回目の今日は〈きのこのクリーム煮〉の紹介です。きのこをクリームで煮込むだけの超シンプル料理ですが、とても美味しく私の大好きなフランス料理の1つでもあります…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事