はじめてでも「鶏ムネ」がしっとりジューシーに焼けた!フレンチ式簡単ひとコツとは?

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載41回目となる今日は『僕なら8月の肉はこう焼く!』と題しまして、夏にぴったりの鶏胸肉の焼き方を紹介したいと思います。

鶏胸肉はモモ肉に比べて脂身が少ない分、さっぱりとしていてヘルシーですが、上手に焼かないとパサついて固くなってしまうというマイナス面があります。

 

 

皮目9割  身側1割。

鶏胸肉を美味しく焼くコツはズバリこれ。  皮目を下にして9割方火を通し、身側は1割。 身側は軽く余熱で火を通す程度で大丈夫です。

身の方はどうしても皮で守られていない分、強い熱を加えてしまうとすぐに固くなってしまします。

鶏胸肉を美味しく焼けたら、肉焼きは一人前。今日はそのテクニックを皆さんと共有させていただきます。皮目をパリッと焼いて、肉はしっとり、理想の肉汁溢れる鶏胸肉のソテー。

では皆さん腕まくりして……   さあ作っていきましょう!

 

 

 

【材料】

鶏胸肉                            1枚

塩・コショウ                  適量

ニンニク                          皮付きを1かけ

ローズマリー                   1本

※味付けは塩コショウのみでもいいですが、ぜひニンニクとローズマリーを加えてみてください。グッと美味しくなります。もしニンニクとローズマリーが手に入らない場合は、塩コショウの代わりに〈クレイジーソルト〉を使ってみてください。これで補えます。

 

 

 

【作り方】

①先ずはお肉に下味をつけます。鶏胸肉に塩コショウをして、しっかり手で擦り込むように合わせていきます。

 

 

②ここでポイントです。この下味をつけた鶏肉はラップをして常温で30分放置します。肉は冷たいままだと均等に火が入らないので、必ずこの下味を付けながら常温に戻すという工程を行なってください。 焼き始める時間を逆算して、冷蔵庫から出して下味を付けてもらえるといいですね。

 

 

③ではいよいよ焼いていきます。フライパンを熱しサラダ油を大さじ2入れます。油は最後に捨てるので少し多めに。その方がお肉を上手に焼くことができます。皮目を下にして鶏胸肉を入れましょう。

 

 

④鶏肉を入れたら弱目の中火をキープ。皮目に焼き色が付くまでお肉はそのまま動かさずに放置。ここで、ニンニク1片とローズマリー1本を加えます。

 

 

⑤ここが今回のコツ!油をスプーンですくってお肉の上からかけながら、引き続き焼いていきます。これは『アロゼ』と言われるフランス料理の技法で、香りのうつった油をかけながら、間接的に身側に火を通していくやり方です。

 

 

⑥さて、皮目にしっかりと焼き色がついて、身側を指で押してみて弾力があれば焼き上がり。火を止め、ここで始めて身側を下にして余熱で30秒から1分、火を通していきます。火加減にもよりますが時間にすると焼き始めからだいたい7、8分で完成といったところでしょうか。

 

 

⑦そして最後のポイントです。お肉をお皿に移して5分、お肉を休ませてあげます。こうすることによって鶏肉内で熱が循環し、よりしっとりとした食感に仕上がります。

 

 

上手に焼けたら、お皿に盛ってレモンを添えるだけのシンプルスタイルがおすすめ。ニンニクとローズマリー香る、皮目がパリっと焼けていて肉汁をしっかり抱き込んだしっとりお肉はそれだけで最高のご馳走です。

今回はちょっとプロが使うテクニックが多くて、慣れないうちは難しいと感じるかもしれませんが…   ぜひマスターしていただき、肉焼き名人目指して頑張ってみてください。

ではまた次回。

 

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。都内に20店舗以上展開しています!花本さんは中野本店でキッチンに立っていますから、レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

【花本朗さんの家バルつまみ、週1回金曜の夜に更新中!】

 

■花本さんの大人気5レシピ!

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?

「塩サバ」と絶品バターソース

手作りマヨネーズと「ウフマヨ

本格「サーモンリエット」をサケ缶で

手間なし「ポテトグラタン」

 

■ひとさらたっぷり系

お店みたいな「バターライス」

プロの「クロックムッシュ」

「牡蠣とほうれん草のグラタン」

シンプル絶品ジャーマンポテト

 

■肉、お魚、卵系

簡単「牛肉の黒ビール煮込み」

「豚肉+ツナソース」完全に外国なレシピでビール進みすぎ!

豚こま肉のドライトマトマリネ

揚げずに簡単フライ風!「鶏肉のディアボロ」が悪魔な理由

アサリとセロリのワイン蒸し

スモークサーモンのタルタル

牛肉100%ハンバーグ

スクランブルエッグ

ふわとろ!驚きのオムレツ

エビとアスパラガスのミモザサラダ

鶏肉のレモンマリネ

絶品夏カレー

鳥胸肉の焼き方

 

■サラダつまみ

クスクスで「ホタルイカのタブレ」

「ポテサラ」にこれを入れるだけでお店の味に

秘密の「オリーブマリネ」

すっぱすぎない「野菜ピクルス」

とろ~りヘルシーなチーズのサラダ。秘密のコレを使う

糖質制限中もOK、にんにくなくても美味しい「フムス」のレシピ

お店で食べるようなオシャレな「リヨン風サラダ」を簡単に

特別な食材は使わない。フランスの定番デリ「キャロットラペ」

「キュウリのヨーグルトサラダ」こそシェフが考えるキュウリ最強の食べ方である理由

 

■野菜系

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?

汁ほとばしる「きのこアヒージョ」

春菊のアーリオオーリオ

春キャベツとハムのサラダ

面倒な日はコレ、長ネギをレンジに2分かけるだけ

オニオングラタンスープの時短テク

「きのこのクリーム煮」の秘密

赤パプリカと塩だけでできてしまう絶品ピペラード

丸ごとトマトのマリネ

ナスのバルサミコマリネ

■ワインのこと

僕なら手土産ワインはコレにする。お店でもガチ人気の1000円台赤&白

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

茹でる必要なし!簡単なのにどこかオシャレな「フランス版ロールキャベツ」【婚活レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。  近ごろ朝晩はぐっと冷え込むようになりましたね。 私も結構朝早い時間に職場に行くので、正直寒いです。家を出る時に首元に何か1枚ストールのようなものを巻いて行くよう…

シラス好き必見!男が大好きなシラストースト【婚活レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。  さて連載53回目となる今日はバルの定番おつまみ〈ブルスケッタ〉の紹介です。ブルスケッタといえば〈トマトのブルスケッタ〉が有名ですが、この料理、難しく考える必要は…

秋冬の季節はぴったりの温かい「ミネストローネ」で乗り越えよう!【婚活レシピ】

皆さん、こんにちは。  vivoの花本朗です。 さて連載52回目となる今日は温製スープ『ミネストローネ』の紹介です。 今回もブイヨンは一切使用せず、野菜の旨味を最大限に引き出して作りますよ。 ただ美味しく仕上…

ナスがキャビアに変身⁉バケットが止まらない、簡単「焼きナスのディップ」【婚活レシピ】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載 51回目となる今日はナスを使ったフランスの野菜料理を紹介します。フランスでとってもポピュラーなこの料理は、そのままオードブルで、また魚料理の付け合わせと…

スーパーの塩焼きサンマに「コレをかけるだけ」で男が全員惚れてくれます!【婚活レシピ】

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 さて連載50回目となる今日は、〈サンマ〉を一瞬でフレンチに仕立てるテクニックをお教えします!   しかも今回はサンマ、焼きません…    スーパーのお惣菜コーナーに売っ…

オムレツ嫌いな男はいません!トースターで簡単「スペイン風オムレツ」【婚活レシピ】

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。さて連載49回目の今日は、オーブントースターで作る旬のキノコを使った『マッシュルームのオムレツ』の紹介です。以前紹介したフライパンで作るフワフワのオムレツとは違…

【婚活レシピ】1分で心も胃袋も掴む!「パンとトマト」のボリュームつまみ

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。さて連載48回目となる今日は『こころをつかむパン・コン・トマテ』と題しまして、小腹の空いた男性のこころと胃袋をぎゅっとつかむ簡単絶品なモテバル料理紹介します。バゲ…

プロが【じゃがいも】を美味しく茹でるコツ、○○を選ぶのが絶対マスト!

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 さて連載47回目となる今日は意外と知られていない『じゃがいもの美味しい茹で方』紹介します。プロの料理人は当たり前にやっていることですが、なかなかご家庭で実践され…

このにんじんのスープ、生クリームもブイヨンもなしでこんなに美味しい理由は?

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。   さて連載46回目となる今日は久し振りにスープのレシピ紹介です。温製でも冷製でもどちらでも美味しくいただけるこのスープ、使用する食材は……  『にんじん』です。  そ…

タコと「アレ」をレンジ2分で…?タコのガリシア風【プロが好きなレシピ】

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 さて連載45回目となる今日はタコを使ったスペインバル定番のお料理を紹介しますよ。茹でたタコをぶつ切りにして、パプリカパウダーとオリーブオイルをたっぷりかけたシン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事